シンガポールで妊婦生活

両親帰国

10日間の両親滞在もあっという間に本日が最終日。

母は60歳ですがとっても元気で、妊婦の私は
「お母さん、ちょっと待って!休憩」と何度言ったことか。

ジムの運動に付き合ったり
オーチャード付近を散歩しながらウインドウショッピングしたり
動物園、ナイトサファリ、ユニバーサルスタジオに行ったりしました。
ジェットコースターは母1人で乗って楽しんでいました。笑
ドリアン、ココナッツ、パッションフルーツ、
ダックに薬膳スープ。何もかも口にするのが初めてでしたが
全部おいしいともりもり食べていました。

父も普段日本では、家で本を読んでいるのがほとんどですが
マーライオンを見に行ったり
チャイナタウンを散策したり
マリーナベイサンズで夜景を見たりと
ここ数年で一番動いたのではないでしょうか。

母がいた10日間は、思い切り甘えて
大根おろしをすってもらったり
夜ご飯を作ってもらったり
茶碗洗いもしてもらっちゃいました。

あーー、明日からはまた1人で何でもやらなくちゃな。
でも、本当に何もしたくない日々です。
アイロンがけもたまってるぅーーーー。

今日はここ最近で一番調子がいいのですが
昨日は一日中、頭痛・胃痛と吐き気に襲われ
もう人生の終わりかと思ったくらいです。

母には
「このまま調子が良くなると思ったら大間違い。
来月にはきっともっとつらいよーーー」
と笑いながら脅されました。

==
そして、本日旦那さんのお母さん(マミィー)に報告。
心拍確認してからにしようよ。と旦那さんに言ったのですが
言いたくて言いたくてしょうがなかったみたいです。笑

マミィーは「ギャーーーーーーーーー」と
電話口で叫んで喜びを表現してくれました。
マミィーはNYで小児科医をやっているので
何かととっても心強い私の味方です。
心拍確認するまでまだ安心はできないという事も
重々承知のようです。

モーツァルトを聴き
美術館で素敵な絵画を眺め
ゆっくり休養し
絶対ストレスは溜めないようにと
何度も念を押されました。
旦那さんは早速モーツァルトを購入する気マンマンです。

私の両親は英語が話せないので
マミィーとのコミュニケーションは大変ですが、
「We are grand mommy, You are grand papa!!!」
「Sooooooo happy!!!!!」
と両親でも分かるような英語を使い3人で喜んでいました。


お父さん、お母さん
はるばる北海道から駆けつけてくれてありがとう。
明日は長いフライトだけど気をつけて雪の降るワンコ達の所へ
帰ってね。
[PR]



by satoliu | 2011-01-29 21:36 | 妊娠2ヶ月

初めての妊婦生活をシンガポールで。楽しくなること間違いなし!!
by satoliu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧